婚活・結婚・結婚相談所・結婚情報サービス

伝えたかった気持ち

俺の彼女はよく風邪をひく。

付き合って3年、
風邪をこじらせて入院する事
今までで4回。

退院すると、

「心配かけてごめーん」

なんて、へらへら笑って。
だから、今回だってそうやって
帰ってくると思ってた。

「今日も忙しい?」

仕事の片付かない夜9時を回った
オフィスで、入院中の彼女から
メールが来た。

忙しいなんてもんじゃない。

明後日、
凄く大きな商談があるんだ。

昼間は営業に回って、夜プレゼンの
資料を作らないととてもじゃないが
間に合わない。

彼女が入院して一週間、
仕事に追われてて見舞にも行けてない。

申し訳ないとは思いながら、
とにかく目の前の仕事を
なんとかやり遂げたかった。

明後日無事にプレゼンが終わったら、
顔でも見に行ってやろうかな。

花買っても、お菓子じゃないの〜とか、
子供みたいな事言うんだよな。

病人なんだから、
菓子ばっかり食うなってのに。

仕事しながらも、
彼女に会えるのが楽しみだった。

だから、仕事も頑張れた。

ようやく家に帰れると思った深夜11時、
彼女から電話が来た。

正確には彼女じゃない、
彼女のお母さんだった。

風邪から肺炎を起こして、
こじらせて呼吸障害を起こして
亡くなったと。

何を言われているのか、
わからなかった。

とにかく、タクシー捕まえて
病院に行った。

病院までの時間が、
いやに長く感じた。

俺が見た彼女は白い服を着て、
手を握り合わせて、
じっと目を閉じていた。

肺炎で呼吸障害なんて嘘のようだ。
こんなに顔、綺麗なのに。

彼女の眠るベッドサイドに、
俺とお揃いの携帯電話。

普段から携帯見せ合っていたせいか、
無意識に彼女の携帯を開いてた。

送信メールは俺宛てのメールで
いっぱいだった。

でも受信メールは、お母さんからの
メールがほとんど。

俺、忙しさを理由に
メール返していなかったんだ。

ふと、
下書き保存されたメールが
16通もある事に気付いた。

「心配かけたくなかったけど、
 本当はね、肺癌なんだって」

「会いたいよ〜(>_<)」

「お見舞来てよ〜(笑)」

全部、俺宛てだった。

保存された1番最近のメールは、
彼女が息を引き取るほんの1時間前の
メール。

「ねぇ、どうしても
 今日会えないかな?」

いつもみたいに、
へらへらしながら帰って来るんだ
って思ってた。

こんなに送れないメールを書いてた
なんて・・・

知らなかった。

忙しい合間を縫って、
病院に来ていれば良かった。

もっと、色々してやればよかった。

もう呼んでも返事はない。

俺の泣き声も、届かない。


----------------------------------


取り返しがつかなくなる前に、
言いたいこと、伝えたいことは
普段から云っておかなければいけない。

そう強く思いました。


無料一括資料請求

いきなり結婚相談所に行くには抵抗があるという方、まずは資料を取り寄せてそれぞれのサービスを比較してみませんか? 下記より大手結婚相談所最大10社から、一括無料で資料請求できます。