婚活・結婚・結婚相談所・結婚情報サービス

永遠の幸せ

エイダ・ブライアントと
ロバート・ミチェル・ヘアは
デラウェア州のホウケシーン市で
結婚しました。

ユニバーサル・ライフの牧師と花嫁の
息子であるロバートL.ブライアントが
司会を行いました。

花嫁、97歳は、マサチューセッツ州、
ケンブリッジにあるレズリー大学を
卒業しました。

彼女はマサチューセッツ州のヒンガム市
に住んでいた亡きエイダ・リー・ローリー
とリチャード・ローリーの娘です。

新郎、86歳は化学エンジニアで、
デラウェア州のウィルミントン市にある
E. I.デュポン・アンド・カンパニー
で労働関係のマネージャー職を
退職しました。

彼はデラウェア大学を卒業して歴史学の
修士号を取得しました。フロリダ州の
ジャクソンビル市に住んでいた亡き
パール・クイン・ヘアと
エメット・E・ヘアの息子です。

花嫁は未亡人で新郎は男やもめでした。

2007年に夫婦は出会いました。それは
ヘアさんと最初の妻、ジーンが
デラウェア州ウィルミントン市にある
高齢者養護施設に引っ越してきたときの
ことでした。

ブライアントさんは2001年から
最初の夫レオナルドとそこに住んで
いましたが、彼は引っ越した後まもなく
亡くなりました。

そして、ブライアントさんとヘア婦人は
親しい友達になりました。

2010年1月ヘア婦人はルー・ゲーリック病
と診断されて15ヵ月後に亡くなりました。

2011年8月、ヘアさんは、アーティスト
であるブライアントさんに亡き妻の
肖像画を描いてくれないかとお願いし、
ブライアントさんは承諾したのでした。

ヘアさんは完成した作品にとても感動
して、ブライアントさんに地元のお店で
ぴったりのフレームを選ぶのを手伝って
欲しいとお願いしました。

その後、彼らは喫茶店でランチをして、
二人はお互いに話したいことがたくさん
あると分かって驚きました。

「なにかしらの感情がありました。」

ヘアさんは振り返りました。

彼らは定期的にランチデートを重ねて、
とても親密になり、施設で一人で夕食に
行くことがとても嫌だとお互いに打ち
明け、一緒に夕食にも行き始めました。

2012年1月25日、詩が趣味である
ヘアさんは「友情と愛情」を約束する
ソネットをブライアントさんのアパート
のドアの下に滑り込ませました。

「これはカップルとしての私たちの
 関係で僕がどう感じているかを
 表しています。」

と書いたメモと一緒に。

彼は自分自身でそれを彼女に渡すことが
恐かったのです。

「私はとても臆病になったり、また
 とても大胆になったりして、
 この二つの間で必死にバランスを
 取ろうとしていたよ。
 私は失敗したくなかったんだ。」

彼は結婚前に恋愛について語りました。

「年をとってからも恋愛は簡単なもの
 ではないと証明できるよ。」

彼が心配する必要はありませんでした。

翌朝、彼はアパートのドアの外にメモを
発見しました。そのメモには、

「彼女は喜んでお付き合いをする
 でしょう。」

と書かれていたのです。

ブライアントさんはソネットを喜んで
いたのです。

ブライアントさんの娘の一人である、
作家、コラムニスト、ファイナンシャル
アドバイザーでもあるジェーン・ブライ
アント・クインは、この頃の母親に
ついて次のように語っています。

「母の声はとても輝いていました。

 母はもう一度話しかけることの
 できる人がいることをとても
 楽しんでいました。

 父が亡くなってから、母は深い話を
 する相手がいませんでした。」

バレンタインデーに、ヘアさんは、
彼が婚約指輪にはめ込みたいと言って
いたサファイアの石をブライアントさん
にプレゼントしました。

ブライアントさんはプロポーズを
断りましたが、数日後に彼女は友情の
指輪として石を受け取ると言いました。

彼らの気持ちは成長し続けました。
ヘアさんは3月下旬にもう一つ
ソネットでプレゼントしました。

そして4月には愛していると告白
しました。

結婚の話は時折でてきましたが、
ヘアさんは今すぐに決断を迫ることは
決してしませんでした。

「僕は繰り返して、彼女が必要なことは
 何でもすると約束していました。」

「私たちが結婚しようがしまいが、
 彼女は僕に頼ることができたんだ。」

とヘアさんは言います。

ブライアントさんはついに8月6日に
彼のプロポーズを受けて、彼らは結婚式
の後に彼女のアパートに引っ越します。

彼女が最初に彼を断った理由を彼女は
説明しました。

「ごらんのとおり、私たちには年齢に
 大きな差があります。

 私の将来には長い年月は残されて
 いないので、結婚をするべきではない
 と思ったですが、

 『それはかえっていい
  理由じゃないか。』

 と彼は言ってくれたのです。
 私は彼をとても好きです。
 私は彼を愛しています。
 だから私たちは結婚するのです。」

----------------------------------

なんともいい話じゃありませんか。

97歳と86歳の恋愛。

どんなに年齢を重ねても素敵な恋を
していたいものですね。


無料一括資料請求

いきなり結婚相談所に行くには抵抗があるという方、まずは資料を取り寄せてそれぞれのサービスを比較してみませんか? 下記より大手結婚相談所最大10社から、一括無料で資料請求できます。