婚活・結婚・結婚相談所・結婚情報サービス

松ぼっくりに込められた想い

幼稚園から一緒だったがほとんど
しゃべったことない女の子から、
小3のときに、松ボックリに楊枝を
刺した人形みたいのをもらった。

あまり話したこともないしつまらない
ものなので、帰り道に捨てた。

中学、高校へと進んで、その子も
ずっと同じ学校だった。

同じ学校だったのは知ってたけど、話す
こともなく、気にもかけてなかった。

高校に入ってすぐ、こんどは手作りの
マスコットをもらった。

そのマスコットはボクをモチーフに
作られたものだと一目でわかったけど、
まったくうれしくなかったので、
それも帰り道に道端へポイ捨てした。

しばらくするとその子の姿は学校では
見かけなくなった。

見かけなくなるとなんとなく気になって
しまい、ふと思い立って、その子の
クラスがどこだったか探して、
担任に見かけない理由を聞いた。

学校は一ヵ月でやめてしまい、今は
どこかで働いていると教えてもらった。

元気に働いてるならいいと思って、
それで忘れて、高校生活を送っていた。

高2の夏休みに、畑でばあさんと草を
むしってるその子を見かけた。

働いてると聞いたけど、野良仕事かよ
と思って思わず失笑してしまった。

そしたらその子がボクに気がついて
こっちへきて、すこしだけ話をした。

小3のときに家が火事になって、
松ボックリが何個か焼け残ったこと。

その松ボックリは、幼稚園のときに
ボクとその子と誰かで拾ったこと。

松ボックリの人形をボクが捨てたのを
見て、拾って持ち帰ったこと。

火事で父親を失い母親は車椅子生活に
なりそれ以来ずっと生活が苦しいこと。

ボクと同じ高校へ行きたくて無理をした
けど、生活苦ですぐ退学したこと。

帰り道に捨てたマスコットもまた、
偶然見つけて拾って帰ったこと。

マスコットの中には昔ボクが捨てた
松ボックリの種が入ってたこと。

火事でも焼けなかったから、きっと
ボクのお守りになると思ったこと。

自分は退学するけど、マスコットが
代わりに通ってくれたらと思って
作ったこと。

あんなプレゼントが精一杯で、貧乏な
自分の家がとても恥ずかしかったこと。

そしてボクのことがずっと好きだった
けど、やっとふっきれたこと。

もらったプレゼントをむげに捨てて
しまったばっかりに、ボクは自分を
こんなにも一途に好いてくれてた人
との出会いも捨てていた。

そのころボクには彼女がいたけど、
いなかったらその子を好きになったと思う。

顔はたいしてかわいくなかったその子
だけど10年たった今も忘れられません。

残念ながらその子は引っ越してしまって
もう連絡が取れないのです。

勝手なお願いですが、どこかで元気に
働いていてほしいと思います。

----------------------------------

これって、その女性からしたら10年以上
片思いし続けてた・・・

彼はその子を好きになっていたかもしれない
と言ったわけですから、

どこかのタイミングで告白していれば
恋が実った可能性もあったことになりますね。

切ない。


無料一括資料請求

いきなり結婚相談所に行くには抵抗があるという方、まずは資料を取り寄せてそれぞれのサービスを比較してみませんか? 下記より大手結婚相談所最大10社から、一括無料で資料請求できます。