婚活・結婚・結婚相談所・結婚情報サービス

松ぼっくりに込められた想い

大学の先輩の結婚式に出席したときの
エピソードです。

先輩は、某中堅不動産会社の創立者の
孫で、将来を約束された御曹司。

そんな先輩が選んだのは

「年上・バツイチ・子持ち」

という、世間一般的にはあまり良い
印象を持たれない女性でした。

大事に育てられてきた先輩はお父さんの
大反対にあい、それを押し切って結婚式
を挙げることになりました。

披露宴当日。

会場に行ってみると先輩のお父さんの
姿はそこには無く、親族席がひとつ空席
のまま披露宴は進行していました。

ところが披露宴終了の30分前ぐらいに
なって、険悪な顔つきをしたお父さんが
会場に現れたのです。

お父さんが反対していることはみんな
知っていたため会場内に緊迫した空気が
流れるとともに少しだけ

「やっと来てくれた」

という安堵も生まれたように感じました。

しかし、お父さんは席についても
おめでたい席には似つかわしくない
不機嫌な表情のまま。

新郎新婦のほうから目を背けたままで、
新郎の顔にも緊張感がにじんでいました。

そしてラストの両親への花束贈呈。

かなり抵抗していたお父さんはお母さん
に説得されて、嫌々ながらも前へ出て
並びました。

花束を持った新郎新婦を見ようとも
しないお父さん。

その頑なな態度に会場内の誰もが心の中
でブーイングをしていたそんな時です。

「よろしくね!」

4歳になる新婦の連れ子のお嬢さんが
贈呈用ではない小さなブーケを新郎の
お父さんに差し出して大きな声で
言ったのです。

その瞬間お父さんは泣き出し、
顔を手で覆いその場にしゃがみこんで
しまいました。

お父さんは立ち上がって
先輩を抱きしめて

「すまなかった」

と繰り返しました。

そして今まで見せたこともないような
優しい表情で新婦のほうを見やって

「息子をよろしくお願いします」

と深々と頭を下げました。

子供の無邪気な一言が起こした、
結婚式の奇跡。

「この家族がずっと幸せであるように」

誰もがそう心から願った瞬間でした。

----------------------------------

大人の事情を知らない子供っていうのは
どんなものよりも強いですね。

無邪気な様子が思い描かれます。

お父さんの気持ちを考えると、確かに
複雑でしょうけども、結婚するのは
お父さんではないですからね。

その連れ子のお嬢さんと新婦が
今後うまくやっていけることを
願ってます。


無料一括資料請求

いきなり結婚相談所に行くには抵抗があるという方、まずは資料を取り寄せてそれぞれのサービスを比較してみませんか? 下記より大手結婚相談所最大10社から、一括無料で資料請求できます。