婚活・結婚・結婚相談所・結婚情報サービス

もしぼくが死んだら

一人の英国人兵士が、
イラクで銃弾に倒れた。

彼は戦場に赴く前、婚約者に一通の手紙
を残していた。

“もしぼくが死んだら、
 開封して読んでほしい”

と託して。

英ランカシャー州のリー・ソーントン
さんは、イラク南部に展開する
第12砲兵連隊に所属していた。

9月5日、街を巡回活動中に銃撃を受け
搬送されたドイツの病院で2日後に
亡くなった。22歳だった。

ソーントンさんは、学校の先生になる
ことを目ざして大学で勉強していた
ヘレン・オプレイさん(21)と婚約。

イラクから戻れば、08年に結婚式を
挙げる予定だった。

彼の死後、手紙を読んだオプレイさんは

「私の気持ちはとても言葉で表せない。
 彼は親切で、寛大で、男の人に求める
 すべてを持っていた」

と悲しんだ。

手紙の内容は英BBCや主要紙でも
報じられ、

「涙が止まらなかった」

といった市民らの声が寄せられ
続けている。

-----[手紙の内容]-----

なぜ、ぼくはこの手紙を
書いているのだろう。

君には絶対にこの手紙を
読んでほしくない。

だって、読むということは、
ぼくが死んだということなのだから。

君は愛がどういうもので、
愛されるとどういう気持ちになるか、
ぼくに教えてくれた。

いかに生き、本当の幸せのためには
どうあるべきかを教えてくれた。

神様がぼくらをこの地上で引き合わせて
くれたのだと思う。

ぼくのベッドの頭の上には、
君の写真がはってある。

毎晩、口づけしたぼくの指で君の顔を
なでて、君に見守られながら眠りにつく。

でも今度はぼくが、夢の中でも
君が安らかでいられるように
君を見守ってあげる番だね。

さびしい時はいつだって、
そっと目を閉じてごらん。
ぼくは君のすぐそばにいるよ。

ぼくは全身全霊で君を愛したよ。
君はぼくのすべてだった。

永遠の愛を。リー

----------------------------------

リーさんはヘレンさんをすごくすごく
愛されていたんですね。

悲しいお話ですけど、愛が伝わってきて
熱い思いがこみ上げてきます。

いつまで経てば人間は戦争を
辞めるんでしょうかねぇ?



無料一括資料請求

いきなり結婚相談所に行くには抵抗があるという方、まずは資料を取り寄せてそれぞれのサービスを比較してみませんか? 下記より大手結婚相談所最大10社から、一括無料で資料請求できます。