婚活・結婚・結婚相談所・結婚情報サービス

8歳下の妻に支えられる俺

8年前、当時20歳の大学生だった妻と
結婚した。俺は当時28歳。

普通に卒業してから、と思っていたが、
妻はちょっとばかり苦労人で保護者的な
人とうまくいっておらず、

「早くうちとけた気持ちになれる
 家族が欲しい」

という希望だったので。

1年たって、会社の健康診断→精密検査で
俺が白血病の一種にかかっていることが
発覚した。

かなり衝撃をうけたが、悩んだ後で妻に
正直に打ち明けた。

場合によっては離婚も視野にいれていた。

「絶対、(離婚は)いやです。
 結婚して大学で珍しがられてるのに、
 そのうえあっと言う間の離婚なんて
 できません」

「しかし、俺と一緒にいてもこの先の
 長期的な展望は描けんのだけど?」

「○○さん(=俺)・・・・・
 死ぬんですか?」

「すぐには死なんw 薬で抑えて、
 一応普通の生活はできるし、
 薬で治った例もある」

「ならいいじゃないですか」

「よくはない。悪化する可能性だって
 同じくらいあるそうだ。
 先は全然分からない」

「可能性で別れる話はしないで
 下さいよ・・・
 わたしをキズモノにしたくせにw」

なんだか、妻には余裕があるように
見えた。

俺の白血球は異常な数値で高め安定し、
たまに倦怠感や眩暈はしたが、
体重が増えたり病人とは自分でも
思えない良好な体調を維持した。

その間に妻は卒業して、
OLになっていた。

4年間が過ぎて、俺の白血球が
また増え始めた。
洒落にならない数値を叩き出し始めた。

もう一度、妻と話をした。

「これで、赤血球や血小板の数値が
 崩れ始めたら、
 それなりの覚悟がいる」

「また、別れようとか
 言い出しませんよね?」

「いや、この際、きみには
 頼ることにする。
 しかし、申し訳ないな・・・」

結局、

「2人で前向きな人生をおくれるよう
 考えてみよう」

という、恐ろしく健全な結論がでた。

妻の提案で、自然環境のいい田舎に
引っ越すことにした。

「転地療養ですよ」

「いや、結核とか脊椎カリエス
 じゃないんだからさw」

「脊椎カリエスってどこかで
 読みました・・・誰でしたっけ?」

「志賀直哉。
 それくらいすぐ思い出せw」

馬鹿な会話をして笑った。

俺は「田舎に引っ越してそれでどうなる
?」と思っていたが、妻は東京での会社
勤めが俺の身体に負担を強いていると
考えている節があって、積極的にことを
進めた。

血液内科のあるそれなりに大きな病院の
近くの田舎町を見つけた。

夫婦で住むには広すぎるそこそこ綺麗な
一軒家を購入できるらしかった
(中古だが)。

物件は東京の感覚からするとひどく安い
のだが、当地では高価なのだそうだ。

仕事をあたってみると、なんと俺の収入
は3分の1に、妻の収入は3分の2に激減
することがわかったw

これにはびびって、俺は引越に大反対
したが、話し合いの結果、それでも並み
の暮らしはできるし貯金もできると
妻に言い負かされ、さらに

「自分の身体を大切に考えないのか」

と追い討ちされて、しぶしぶ転職に
同意した。

それまでの仕事を辞めて田舎に引っ込む
のは正直、無念だった。

忙しかったが、別に命を削って仕事を
しているほどではなかったし。

「そんなに収入が減ったら、
 貧乏臭い生活になるかなあ」

と思った。

体力的にも時間的にも余裕ができる
仕事になるのは確かだったけれど。

俺の体調が安定するのを見計らって、
ついに都落ちした。

で、今現在。

こうして俺は(自分の感覚では)元気で
暮らしている。

年に1回くらい、お医者さんの顔が曇る
けれど

「今すぐは死なない。この先は
 予断を許さない」

という状況は変わらない。

たまに突然、死ぬことへの恐怖と不安で
夜中に叫びだしたくなったりして困るが
w、普段は病気のことは忘れている。

むしろ、毎日欠かさず俺の体調を確認
する妻の気苦労を考えると、そっちの
方が気が重い。

妻が服もろくに買わないで、いざという
時のために貯金にまわしているのも
面目なくて気が重い。

金はそこそこあるんだぞ!とたまに
叫びたくなる。(が、八つ当たりなので
言わない)。

近所に友人もできたし、最初の予定より
収入はあるし、病気さえなければ快適に
暮らせるのに。

都会が便利で懐かしい、
とはさすがにもう思わなくなった。

最初、俺は田舎へ引っ越したのが面白く
なくて、友人に過剰なくらい

「田舎の自然の素晴らしさ」

をネットや手紙で宣伝した。

真に受けた連中が彼氏・彼女や配偶者を
連れて何人も遊びに来た。

中には子供の昆虫採集や釣りのために
何回もやってくるリピーターもできた。

ひどいのになると、

「自然の中で遊ばせてやってくれ」

と、東京から小学生の息子1人だけで
飛行機に乗せて送りつけてくる友人まで
いて、そういう厚かましいのは大抵、
妻の友人ではなく俺の友人だったりするw

今年も2組、予約がはいっていて、妻は

「夏休みはにぎやかになりますね」

と笑っている。

妻はあいかわらず俺に敬語をつかって
いて、やめろといってもなぜか意地を
張ってやめない。

引っ越した当時は、植物図鑑を持って
田舎道を夫婦で散歩するのが楽しみ
だったが、最近では鳥に興味を覚えた
らしく

「庭にキツツキがきました!」とか
「フクロウが鳴いてます!」とか、

報告をしてくる。

バードウォッチング用の双眼鏡くらい
買おうよ、と水を向けると嬉しそうに
ネットで検索していた。

結局のところ、もしも妻の卒業まで
結婚を待っていたら、俺の病気が先に
発覚したわけで、そうなったらはたして
どうだったろうかとも考える。

8歳年下の妻に支えられる夫というのは
けっこう情けないけれど、とにかく
今のうちに仕事だけはしっかりして
せめて経済面だけでも、妻の不安を
取り除いてやるしかない。

まとまらないけれど、さっき、ちょっと
恐怖で胸を締め付けられる思いがした
ので、落ち着く目的もあって思い出を
書いてみた。

もし、暗い印象を与えたらすまん。
実は、普段の俺はいい年してけっこう
明るくて、B級パニック映画と魚釣りが
好きな外見だけはけっこう若いつもりの
田舎のおっさんだ。

田舎のおっさんになってしまったのは
無念でもあるが、家庭菜園と釣りを
覚えたおかげで食卓はけっこう豪華だし
悪いことばかりではない。

白血球値は17000だから正常値の倍近いが
慣れるとこれくらいじゃ誰も驚かなく
なるw

白血球の中身のバランスに問題ありだが
少なくとも出ちゃいけない細胞は
今のところ消えたまま。

それでまあ、追加で書くんだが。

夫婦で長いこと顔をそむけてきた問題に
向かい合いましょうということになった。
子供作ることにした。

今までは本意ではないけど避妊してた。

そりゃやっぱり、俺としては悪い可能性
考えるから。

いざという時は子供いない方が
身軽だろうとか何とか。

でも妻がリスク承知で一緒に頑張り
ましょうよと言うのに「嫌だよ」とは
言えないし。

よくよく考えて言い出したことには違い
ないから、それならば冒険だけど俺も
めったなことはあるまいから頑張って
みようという結論になった。

毎年遊びに来る友人の子供見てうらやま
しかったんだろうなとまたしても引け目
を感じた。

まあ頑張るよ。なんとかなるだろう。

----------------------------------

美しい夫婦愛ですね。

病が二人の絆をより一層強くしている。

8歳差というのがまたうまいこと
バランス良く保てているのでしょうね。



無料一括資料請求

いきなり結婚相談所に行くには抵抗があるという方、まずは資料を取り寄せてそれぞれのサービスを比較してみませんか? 下記より大手結婚相談所最大10社から、一括無料で資料請求できます。