婚活・結婚・結婚相談所・結婚情報サービス

嫁は恩師の娘さん

嫁「はじめましてー」
俺「はじめまして、お父さんに
  お勉強を教わってます」

高校生の時の恩師の娘
妙に懐かれてよく遊んであげてたら

「大人になったらお嫁さんに
 なってあげるー」

でも、まさかホントにお嫁さんになって
くれるとは夢にも思わなかった。
俺、年上好みだったし…

当時俺16歳で、嫁6歳。

嫁が小学校3年生の時、
父親が亡くなったんだ。

んで、寂しがって沈んでる嫁が
痛々しくて、俺は勢いで約束した。

「お父さんと一緒にやった楽しいこと
 今度お兄ちゃんとやろう」って

「誕生日、クリスマス、お正月も夏休み
 も、楽しい事をたくさんやろう」って

他に名案も無くて、その当時はとにかく
元気になって欲しいと思って、思いつく
限りの楽しいこと、全部並べてゆびきり
したんだ。

その場の勢いだろうと何だろうと、
子供相手の約束は絶対に守りたかったし
亡くなった先生に恩返しもしたかったし

それでお母さんとも相談して、
それからしばらくは、俺の我がままを
通させてもらった。

約束通り、誕生日もクリスマスもお正月
も夏休みも、プレゼントしたりお祝い
したり、一緒に遊びに行ったりした。

だんだん元気を取り戻してくれるのが、
ただ嬉しくてね。

でも、その時はそんなに長い付き合いに
なるとは思ってなかった。

中学生になったり、いずれ新しい父親が
できたりすれば、俺の出番なんかすぐに
無くなるだろうし、そうなるべきだって
思ってたんだよ、本当に。

中学校の卒業式の後、2人でお祝い
してる時に告白された。

恥ずかしそうに下向いて、緊張した様な
切羽つまった感じで、

「お兄ちゃんがいつも一緒にいたのは
 ""小さい頃の約束を守るため""
 だけが理由だったかもしれないけれど
 私はずっと前から好きでした」って。

どうしても俺にだけは気持ちを知って
おいて欲しかったって

気持ちは嬉しかった。でも俺そういう
方面鈍いから、そんな目で見られてた
なんて、それまで少しも考えた事が
無かった。

可愛いとは思ってたけど、それは家族に
抱くのと同じ種類の感情だった筈で。

だいたい、ぴかぴかのでかいランドセル
背負ってコケそうになってた頃から
ずっと知ってるのに、いきなり恋愛感情
なんか持てる筈も無くて。

でも、だからと言って下向いたまま顔も
上げてくれない嫁に冷たい事も言えず、

恋愛の対象として思える様になるまで
には、少し時間が要るかも知れないけど
それでもよかったらゆっくり付き合って
みようかって、そんなふうに俺は答えた。

実際、それで何か付き合い方が変わった
とかって訳じゃ無いけれど、恋人って
いうのはたぶんこの頃からだと思う。

で、そのままずっと付き合って、高校を
卒業した後、嫁が19歳の時に結婚した。

世間的には早いんだろうけど、その頃に
はもう躊躇する理由が何も無くなってた。

大人になったらお嫁さんになってあげる
ってやつ、覚えてたのか思い出したのか
プロポーズしたら、

「さすが、子供との約束は
 守るんですね」って、

嫁は泣きながら笑ったよ。

----------------------------------

なんともまぁ実に羨ましい話です。
亡くなられた義父のお導きでしょうね。

末永くお幸せに!



無料一括資料請求

いきなり結婚相談所に行くには抵抗があるという方、まずは資料を取り寄せてそれぞれのサービスを比較してみませんか? 下記より大手結婚相談所最大10社から、一括無料で資料請求できます。