婚活・結婚・結婚相談所・結婚情報サービス

父から聞いた母の話

父から聞いた母の話。

母が2人目を妊娠中に、父が学生だった
頃の元彼女(以下A)が失踪した。

「好きな人に振られた、私はもう死ぬ」

と遺書を残して消えたらしい。

しかし数日後Aから電話が掛かってきて

「○○(父の名前)、迎えにきて…」

と弱々しい声で、数日前から宿泊して
いる土地の場所を言ってきた。
当然行くわけがなく、会いたいなら
ウチまで来い、と答えたら本当に来た。

母はつわりが酷いので2階に上がらせて
から、父は近所に住むAとの共通の友人
B(男)を呼んで、2人で皆が心配して
いるから、早く家に帰れと促すと、
Aが泣き出してしまった。

しかも

「私はあなたとやり直したい…」

と父にすがってくる始末。しかし、
当然断る父にAが逆上。

「死んでやるー!」

と泣き叫ぶわ、持っていた睡眠薬を
飲もうとするわで大騒ぎ。

ぎゃあぎゃあ騒ぐAに、父もBもどう
しようかと慌てていると、母が形相を
変えて下りてきた。

そのままAに近付き、

「ふざけるなぁっ!」

と怒鳴りながらAを思い切り平手で殴り
つけた。

「私は、今必死でこの家を作ってる!
 子どもも欲しかったから、
 頑張ってお金も貯めた!

 苦労して、自分の家族を作っている
 のを、お前は破壊しに来たのか!?

 死にたけりゃ勝手に死ね!

 けど、ここで死ぬな!
 私らを巻き込むな!!」

呆然とする3人を尻目に、母は何錠か
睡眠薬を飲んだAを車に突っ込み、
父とBに私(当時2歳)を任せて、
病院にAを放り込んできた。

「帰りに○○ちゃぁん…
 とか言ってたけど、もう知らん!
 Aの親にも連絡したし」

と言う母に、父は自分の不甲斐なさを
反省すると同時にそれだけ家族を大切に
している母に惚れ直したとか。

この話は母が21歳の時のもので、
父から聞いた後、母にも直接話を
聞いた。

「私は連れ子だったから、
 家ではすごく浮いてたの。

 それを知っていて、お父さんは
 早く結婚してくれたんだよ。

 私は幸せな自分の家族を作るのが
 夢だったからね。

 それを壊されるのは、
 絶対に許せなかったから」

次に実家に帰るときは、
親孝行しようと思った…。

----------------------------------

家族の幸せを必死に守ろうとする
お母様にもちろん感動しましたが、

奥さんと子供がいる目の前で、平然と
「やり直したい」と言えるこのAさん
の図々しさにもある意味感心しました。



無料一括資料請求

いきなり結婚相談所に行くには抵抗があるという方、まずは資料を取り寄せてそれぞれのサービスを比較してみませんか? 下記より大手結婚相談所最大10社から、一括無料で資料請求できます。